KAFE9 - KAAT

ARTIST

池田扶美代×
ティム・エッチェルス

インピーシス
『in pieces』日本バージョン

2012.09.07 (FRI) ― 09 (SUN)
@中スタジオ

09.07 (FRI)
······ 19:30
09.08 (SAT)
······ 15:00
09.09 (SUN)
······ 15:00

TIME TABLE へ

TICKET PROFILE
close

池田扶美代×
ティム・エッチェルス


©HermanSorgeloos

池田扶美代 1962年大阪生まれ。1979年、モーリス・ベジャールのムードラに入学。同校でアンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケルと出会い、1983年共にローザスを結成。以来、08年までほぼ全ての作品の創作に携わり出演する。ローザスの多くの映画やビデオ作品にも参加し、ジャンルを超えて映画や演劇にも活動を広げる。
http://www.rosas.be/

ティム・エッチェルス 1962年生まれ、演出家。イギリスを拠点とするパフォーマンスカンパニー「フォースド・エンターテイメント」アーティストディレクター。各国で数多くのアヴァンギャルドなパフォーマンスが話題を呼ぶ。異なるメディアやアート、言葉と世界をコラージュし衝突させ、新たな言葉の可能性とそこに含まれる制限を探求する。日本でもあいちトリエンナーレ2010やPostmainstream Perfromingarts Festival, Tokyoで作品を発表、好評を得ている。

30年以上、外国で活躍してきたダンサーの、初のソロ作品

ローザスを代表するダンサー・振付家の池田扶美代とイギリスを代表する演出家ティム・エッチェルスとの見逃せないコラボレーション作品「in pieces」。繰り返される言葉、動き、感情、音楽、歌などに潜むフラジャイルな記憶の破片を拾い集め、記憶した過去と広がる現在を辿ります。ヨーロッパ各地で上演された本作が、いよいよ日本に初上陸!

振付・出演:池田扶美代 / 演出:ティム・エッチェルス
ドラマトゥルグ:サラ・ヤンセン / 照明:ナィジェル・エドワーツ / 美術:リチャード・ロードン
衣装:アン・ウェックス / 選曲:ジョージ・ヴァン・ダム / 写真:ヘルマン・ソルグロース

舞台技術・照明・音響:デイビー・ドゥスケップル / 舞台監督:鈴木康郎

私は10歳からダンスを始め、16歳でベルギー王立20世紀バレエ団付属学校ムードラに入学しました。入学する前から、日本でダンスをやっていくにはある種の危機感を感じていました。ムードラは私の人生を大きく変えました。ローザスを創立した当時、私は20歳、アンヌ・テレサは22歳でした。今日まで沢山のローザスの作品と映画の仕事に参加しています。未だにアンヌ・テレサの事は良く分からないです。だからこそ、まだ一緒に仕事を続けられているのかも知れません(笑)。7年位前に彼女から何か作品を創ってみてはどうかとオファーを頂きました。一番目に創った作品がアラン・プラテルにコーチを頼み、ベンヤミン・ヴォルドンクと創ったNine Finger。二番目に創った作品が、初めてのソロ作品in piecesです。(池田扶美代)

2012.08.21

池田扶美代 KAFE9に向けてのコメント

【今回の公演で挑戦すること】

今回だけではないのですが、私は舞台に立つ時にどうしたら自分を不利な立場に不安定な立場に持って行けるかいつも考えて実行する様にしています。

安定しない。定着しない。安堵しない。安心しない。隠さない。逃げない。不利な立場に身を置く。すべての条件を受け入れる。準備しない。(扶美代 in pieces ノートより)
もっと読む

2012.07.30

WEBマガジン Dance Cube掲載

チャコットのWEBマガジンDance Cubeに、池田扶美代『in pieces』、Co.山田うん『ショーメン』、Bodies in urban spacesをご紹介いただきました。

Dance Cube

快快(FAIFAI) contact Gonzo 悪魔のしるし We dance 横浜 2012 池田扶美代 Co.山田うん 池田扶美代 x 山田うん Promenades blanches Bodies in urban spaces KAAT